本と映画

本と映画

【期間限定】『進撃の巨人』が無料で読める「連載10周年感謝キャンペーン」詳細

人気マンガ『進撃の巨人』は本日2019年9月9日で連載10周年。 それを記念して、なんと期間限定で「1-28巻が無料」「最新29巻が100円で買える」という超太っ腹企画がスタート。 そこでこの記事では、このキャンペーン企画の詳細を紹介します。   【『進撃の巨人』が無料で読める!連載10周年感謝企画】『進撃の巨人』の歴史 2009年9月9日。 「いちばん新しい冒険の書!!」がキャッチフレーズの「別冊少年マガジン創刊号」が創刊しました。 ファンタジー系統の作品を多く掲載する少年誌として始まった当誌 ...

本と映画

【ふなっしーとコラボ】吉本ばなな『ふなふな船橋』あらすじや名言と感想

20年間千葉県民でした。セネガル山田( @africa_shokai )です。 2015年10月刊行。船橋を舞台にした吉本ばななの小説、その名も『ふなふな船橋』。 なんとこれ、あの超有名ゆるキャラ「ふなっしー」と全面コラボした小説なんです。 正直、色々と考えさせられた作品でした(笑)   以下、ネタバレを含むあらすじ、および読んだ感想(書評)などを解説していきます。 ふなふな船橋 (朝日文庫) Kindle版を見る Amazonで見る 楽天で見る Yahooショッピングで見る (吉本ばななさんの ...

本と映画

【ネタバレ有】吉本ばなな『哀しい予感』あらすじや名言と感想

1988年12月刊行。吉本ばなな3作目にして初の長編小説『哀しい予感』。 その少女漫画的世界観が人気を博し、1989年年間ベストセラーの総合7位を記録。 2007年に塚本晋也演出により舞台演劇化されました。 (ちなみに1989年のベストセラーは1位『TUGUMI』2位『キッチン』5位『白河夜船』6位『うたかた/サンクチュアリ』12位は初のエッセイ『パイナップリン』と、吉本ばなな作品だらけ)   僕は、この本を読んでいた辺りが吉本ばななにハマっていたピークだと思います。 以下、ネタバレを含むあらす ...

本と映画

【ネタバレ有】吉本ばなな『うたかた/サンクチュアリ』あらすじや名言と感想

1988年8月、刊行。吉本ばなな(よしもとばなな)2作目となる短編集『うたかた/サンクチュアリ』。 文化庁主催の芸術賞である「芸術選奨新人賞」を受賞。 処女作『キッチン』のヒットにより注目される中刊行されました。   僕は吉本ばなな作品は『TUGUMI』から読み始め、『キッチン』でどっぷり魅力にハマり、現時点では本短編集内の『うたかた』が一番好きな作品です。 以下、ネタバレを含むあらすじ、および読んだ感想(書評)などを解説していきます。 うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫) Kindle版を見 ...

本と映画

【ネタバレ有】吉本ばなな『キッチン』あらすじ・名言と感想

1988年1月、刊行。吉本ばなな(よしもとばなな)処女作となる短編集『キッチン』。 短編集内の同名短編作品『キッチン』で海燕新人文学賞を受賞。 1989年と1997年と二度にわたり映画化。 20か国以上で翻訳され、世界中で話題となった作品です。   僕は吉本ばなな作品は『TUGUMI』から読み始めたのですが、本作『キッチン』でどっぷり魅力にハマった感じがします。 以下、ネタバレを含むあらすじ、および読んだ感想(書評)などを解説していきます。 (なお、本記事内では短編集『キッチン』内の『キッチン』 ...

本と映画

【ネタバレ有】吉本ばなな『TUGUMI(つぐみ)』かんたんなあらすじや名言と感想

1989年3月刊行。吉本ばなな(よしもとばなな)さんの代表作の一つとして名高い『TUGUMI』。 優れた物語性を持つ小説・文芸書に贈られる文学賞「山本周五郎賞」を受賞。 1990年に映画化。 国内で平成初のミリオンセラーを記録し、1989年の年間ベストセラー1位にも輝くなど、吉本ばななの作品の中でも特に人気の高い作品の一つです。   僕は人から勧められて読んでみたのですが、これがなかなか面白い。 僕は本作が初の吉本ばなな作品だったのですが、ハッピーエンドを前提とした魅力(「感想」にて後述します) ...

本と映画

タリーズ松田公太さんの本『愚か者』は幼少期から参議院議員時代までを網羅した自伝だ

タリーズコーヒージャパン創業者で元参議院議員、そして現在はEggs 'n Things International Holdings CEOとしてレストラン「Eggs 'n Things」の海外展開を行う松田公太さん。 インタビュー企画「アフリカ旅人図鑑」にご出演いただいたのですが(撮影後記はコチラ)、インタビューをご覧の方の参考に、動画内でも言及した本『愚か者』のレビューを記しておきます。 愚か者 posted with カエレバ 松田 公太 講談社 2016-01-15 Amazon 楽天市場 Yah ...

映画 本と映画

【映画『HANA-BI』あらすじと解説】ラストシーンは納得。北野武が世界で評価された「静かな男の狂気と愛」の物語【ネタバレ有】

1998年公開。北野武(ビートたけし)7作目となる映画『HANA-BI』。 第54回ヴェネツィア国際映画祭で、日本映画として40年ぶりに金獅子賞を受賞しました。 僕は北野作品の中では、3作目『あの夏、いちばん静かな海。』が断トツで一番好きなのですが、その理由として、極力セリフを排した作品作りが挙げられます。 この作品も主人公と妻のセリフは少なく、映像と音楽で表現していきます。 そうした意味では北野イズムが存分に発揮されています。以下、ネタバレを含むあらすじ紹介と感想です。   「『HANA-BI ...

映画 本と映画

『その男、凶暴につき』ネタバレ有考察--残酷な社会を描いたたけしの映画処女作

1989年公開。北野武氏の初監督作品『その男、凶暴につき』。 キャッチコピーは「コドモに、見せるな。」   僕は3作目『あの夏、いちばん静かな海。』で北野武映画にハマり、その後に観たのですが、感じたのは 「いわゆるキタノ映画のイメージ通りの作品」 という事でした。タイトルの通り、暴力シーンがかなり多めの作品となっています。   ただ、暴力シーンがあるからといって毛嫌いをするのはもったいないと感じさせる魅力が本作にはあります。 以下、本作の概要とその魅力を解説していきます。   ...

映画 本と映画

【映画『ソナチネ』ネタバレ有解説】人間の心に生きる「子ども」を描いた名作

1993年公開。北野武監督4作目となる映画『ソナチネ』。 「凶暴な男、ここに眠る。」 このキャッチコピーからは想像できないような、人間の心に生きる「子ども」を描いた本作。 早速内容を見ていきましょう。   「いますぐ『ソナチネ』を無料で観たい!」 という方には、ゲオ宅配レンタルがおすすめ。 ビデオレンタルでおなじみのGEO(ゲオ)がやってる宅配レンタルサービスで、いまなら無料で1か月間月額コースお試しが可能。 2-3分の登録作業だけですぐ観れます。 DVDはコチラ。 ソナチネ [DVD] バンダ ...

映画 本と映画

【映画『七人の侍』ネタバレ有り解説】世界で高評価。黒澤映画は「名作の前に娯楽である」

1954年公開。「世界のクロサワ」こと日本映画界の巨匠黒澤明14作目となる映画『七人の侍』。 僕は北野作品を観ていく中で、北野氏の好きな映画の一つが本作だと知り、是非観てみようと思ったのが視聴のきっかけでした。 以下、ネタバレを含むあらすじ紹介と感想です。   「いますぐ『七人の侍』を無料で観たい!」 という方には、「U-NEXT」の無料1か月間お試しがおすすめ。 数分の登録作業だけですぐ観れます。 DVDはコチラ。 七人の侍(2枚組)[東宝DVD名作セレクション] 東宝 Amazonで見る 楽 ...

映画 本と映画

【サーフィン映画『エンドレス・サマー/終りなき夏』解説】サーファーの夢を描いた名作【ネタバレ有】

1966年に世界で公開。サーファーで知らない人はいない位有名なサーフィン映画が『エンドレス・サマー』(邦題:終りなき夏)です。 二人のアメリカ人サーファーが世界中を旅行してサーフィンをする様子を描いた本作。多くのサーファーが憧れる「終わらない夏」を体現したサーフトリップ映画で、サーフィン映画の金字塔として高く評価されています。 以下、ネタバレを含むあらすじ紹介と感想です。   「『エンドレス・サマー』を無料で観たい!」 という方のために、一応以下の動画サービスを調べたのですが、残念ながら観られる ...

映画 本と映画

【映画『あの夏、いちばん静かな海。』ネタバレ有り考察】ラストはなぜ?と思うが…映画の妙味を味わえる傑作

「北野映画はつまらない」 「暴力シーンばかりで怖そう…」 本作は、そんな風に感じている人にぜひ勧めたい映画です。   1991年公開。北野武監督(ビートたけし)3作目となる『あの夏、いちばん静かな海。』。 僕はサーフィン映画を探していて本作と出会いましたが、結論から言うとサーフィン好きだけじゃなく、北野作品ファン、映画好きはもちろん、 映画が好きではない人にすら勧めたい至高の作品 です。   「サーフィン」「恋愛」「聾唖者」「青春」「無声映画」といったキーワードに惹かれる人にもオススメ ...

Copyright© アフサーフ , 2019 All Rights Reserved.