サーフィン

バートラ(Vertra)の日焼け止め成分や全色の口コミ・塗り方と落とし方

バートラ(Vertra)の日焼け止め成分や全色の口コミ・塗り方と落とし方を解説

アフリカの太陽の元で週5日サーフィンしてるセネ山( @afsurf1 )です。

「バートラ(Vertra)の日焼け止めは何色が良い?」「塗り方と落とし方は?」

この記事では、そんな疑問にズバリお答えします。

先に結論を少し言うと、色はトランスルーセント(半透明色)がおすすめです。

以下で各色について詳しく解説していきます。あなたが使っている日焼け止めも、ぜひTwitterや記事下のコメント欄で教えてください◎

(ちなみに僕のバートラへの感想としては、市販の日焼け止めよりは効果的なのは間違いないですが、比較した結果、最強の日焼け止めは「NULLの日焼け止め」だと断言します)

セネ山
YouTubeやってます↓

ぜひチャンネル登録よろしくです◎

波野リカ
ブログの登録もよろしくです♪

なお、以下の目次を見ると、この記事の概要が分かります。

目次

バートラ(Vertra)はサーフィンのための日焼け止め

サーファーならジョンジョンフローレンスやミック・ファニングが使ってる事でも有名なバートラ(Vertra)。詳しく解説していきます。

 

2004年にハワイで生まれた

バートラ(Vertra)は、2004年当時、日焼け止めの選択肢が、廉価な市販品(ドラッグストアにあるようなもの)や高級化粧品ブランドの商品位しか無かった状況を変え、「アスリートの使用に耐えうる日焼け止めを開発しよう」という理念のもと、ハワイのサーフアスリートグループによってはじめられました。

 

5色のうち肌色は3種類

バートラ(Vertra)のスティックタイプは全5色。色ごとにSPFなども異なるのですが、紛らわしいのが肌色。5色のうち3色が肌色なんですが、「クーリーベージュ」「エフカイベージュ」「コナゴールド」と、名前からはどんな色か分かりにくいんですよね。

(それぞれの色の違いと特徴は、記事の後半で詳しく解説しています)

 

塗りやすいが落としにくい「普段使いできない日焼け止め」

従来、日焼け止めの色は無色透明か白っぽい半透明と相場が決まっていました。普段使いの日焼け止めとしての機能を考えるなら、目立つ日焼け止めはNG。顔が真っ白になったり、ましてや色がつくなんて論外です。化粧になじむ「目立たない日焼け止め」しかありませんでした。

一方で、バートラ(Vertra)は非常に色が強く濃い。街ではすごく目立ってしまうし、オフィス仕事につけていく事は考えられません。この「日常生活では使えない日焼け止め」というのは、当時の日焼け止め業界からすると考えられない事でした。

セネ山
かなり挑戦的な発想…!

ですが、それでもサーファーやスキー、スノーボーダーなどのアスリートが満足できる性能の物を作ろうと試行錯誤して生まれました。結果、落ちにくいスティック型の日焼け止めというバートラの特徴的な形が出来上がりました。

(効果的な塗り方と落とし方については後述します)

 

成分がリーフセーフ(オーガニック同様環境に優しい)

バートラ(Vertra)は、リーフセーフ(珊瑚などにも安心)な成分で作られています。オクチノキサートとオキシベンゾンを含まないので、サンゴが多い地域などでサーフィンする人や、環境意識が高いサーファーに支持されています。

 

デメリットは「肌へのダメージ」「服が汚れる」「値段の高さ」

まずバートラ(Vertra)の大きな特徴は「落ちにくい」事(「流れにくい」とイコールではない)。落とすのがかなり大変なので、ついゴシゴシとしてしまいがちですし、肌に残りやすい。

そもそも日焼け止めで紫外線を避けるのは「肌のダメージを防ぐ」ため。それなのにゴシゴシと肌をこすったり、肌に良くない日焼け止めをうまく落としきれないというのは、けっこうなデメリット

また、落ちずに残っていたバートラがTシャツなどの裾や洋服について汚れてしまったという失敗はよくある事。一度ついたら落とすのは難しいです。

あと、値段が1本3000円以上するし普通に高いです。

(僕おすすめのNULLの日焼け止めは、1本2000円(3本まとめ買いだとさらに安い1本1500円)で長持ちしますし、石けんでカンタンに落とせます)

 

バートラ(Vertra)の口コミをまとめてみたら…

バートラ(Vertra)の口コミを調べる人がけっこう多いので僕も調べてみました。口コミを見る際のポイントは「星の数ではなくコメントを読む事」です。また、結局日焼け止めの良い口コミって「焼けない」とかそういうのが多いので、どちらかと言うとデメリットを見ておくと参考になります

たとえば楽天の口コミを見ると、星4-5個の高評価にしている人の中には「まだ使った事ないけど届くの楽しみです!」「期待を込めて☆5つです!」みたいなのが結構ありました。こういうのって「良いレビューすると割引・特典がもらえる」的なので書いてる人がほとんどなんですよね。なので、コメントの中身を見るのが重要です。

AmazonYahoo!ショッピングは口コミの数が少ないです。

僕の方でも口コミをまとめてみました。

 

バートラ(Vertra)の良い口コミ・メリット

バートラ(Vertra)の良い口コミは以下の通り。

バートラ(Vertra)の良い口コミ

  • 焼けない
  • 落ちない
  • デザインがカッコ良い
  • 日焼け止めの上にこれ塗ってる
  • 塗る時手が汚れない

 

バートラ(Vertra)の悪い口コミ・デメリット

バートラ(Vertra)の悪い口コミは以下の通り。

バートラ(Vertra)の悪い口コミ

  • めっちゃ焼けた
  • 海に入ったら落ちた
  • 肌に悪い
  • 落としにくい
  • 服につく
  • 容量が小さい
  • 高い
  • サーフィンではなく数時間のテニスですら焼けた
  • 子供から臭いと言われた

 

バートラ(Vertra)全色の種類と特徴

バートラ(Vertra)は色が沢山あって、名前も変わっているので、どれがどういう色なのか分かりにくいですよね。また、色によって「SPF(※)」も異なり、一番弱いものは30、最強が50です。

(※SPFとは、UVB(紫外線B波)を防ぐ力を表した指標。UVBは短時間で日焼けを起こさせる紫外線なので、サーファーの天敵。SPFの数値(1〜50)は大きい方が強力)

バートラ(Vertra)の色おすすめランキング

  1. 1位:トランスルーセント(Translucent)
  2. 2位:クリア(Clear)
  3. 3位:クーリーベージュ(COOLY BEIGE)
  4. 4位:エフカイベージュ(EHUKAI BEIGE)
  5. 5位:コナゴールド(KONA GOLD)

という事で、ここからはバートラ全色の種類と特徴を「色が薄い順」に紹介します。

 

クリア(Clear)

バートラ(Vertra)で一番色が薄いのがこのクリア(Clear)。名前の通り「透明」です。

クリアは「SPF 45」と、バートラの中では3番目に強いです(スティックタイプでは2番目)。

街やオフィスなどでは使えない色が多いバートラですが、クリアタイプは問題なく使う事が出来ます。

(化粧はしにくいです)

(なお、最強の日焼け止め「NULL」は無色透明で、敏感肌にも優しいです)

 

トランスルーセント(Translucent)

バートラ(Vertra)でクリアの次に色が薄いのがこのトランスルーセント(Translucent)。トランスルーセントとは英語で「半透明」という意味。色は名前の通り「半透明」です。

トランスルーセントは「SPF 50」と、バートラの中で最強。バートラの落ちにくさとSPF値最高という事で、肌を日焼けから守ってくれます。

僕はバートラの中では、このトランスルーセントが一番おすすめです。

トランスルーセント(Translucent)タイプは、普段使いとしてはちょっと微妙ですが、ジョギングなどのスポーツ時なら問題なく使う事が出来ます。

 

クーリーベージュ(COOLY BEIGE)/ミックファニング(Mick Fanning)

バートラ(Vertra)が分かりにくいのが、肌色が3種類ある事。このクーリーベージュ(COOLY BEIGE)/ミックファニング(Mick Fanning)のように、肌色は有名プロサーファーの名前とセットになっています。

肌色系のバートラは全3種類。その中でクーリーベージュは一番薄い肌色です。

なので、肌の色がそこまで日焼けして無い人にはマッチしますね。あと、サーフィン中に顔を白く見せたい女性にも良いでしょう。これが肌色の中では一番自然かも。

クーリーベージュは「SPF 35」と、バートラの中では最弱の部類に入ります。

アスリートのための焼けない日焼け止めのはずのバートラが、こういうSPFの弱いものを作っているのはけっこう謎です。

 

エフカイベージュ(EHUKAI BEIGE)/ジョンジョンフローレンス(John Florence JJF)

バートラ(Vertra)の肌色の中で二番目に薄いのがこのエフカイベージュ(EHUKAI BEIGE)/ジョンジョンフローレンス(John Florence JJF)。塗ると分かるのですが、肌の色とは違うし、この色に合う人あんまりいないと思う。

エフカイベージュは「SPF 38」と、バートラの中では中間の強さです。

 

コナゴールド(KONA GOLD)/シェーンドリアン(Shane Dorian)

バートラ(Vertra)の肌色の中で一番濃いとされているのがこのコナゴールド(KONA GOLD)/シェーンドリアン(Shane Dorian)。ですが、シェーンがつけている写真を見れば分かりますが、やはり肌の色とはあまりマッチしませんね。

コナゴールドは「SPF 38」と、エフカイベージュと同じ強さです。

 

バートラ(Vertra)にはスプレー・ローション・リップ型日焼け止めもある

バートラ(Vertra)はスティック型の日焼け止めだけだと思っている人も多いのですが、実はスプレータイプの日焼け止めローションや唇用のリップもあります。

 

ミネラルローション(MINERAL LOTION)

個人的には、バートラの中ではこのローションが一番気になっています。一度使ってみたいけど、使えるのはいつになる事か…笑

 

ミネラルスプレー(MINERAL SPRAY)

僕もバートラ(Vertra)のスプレータイプは最近知りました。全身に気軽に使えそうですし、落とすのもスティックタイプより楽そう。

 

リップバーム

バートラ(Vertra)のリップバームもけっこう良さそうですよね。ちなみに香りがいくつかあって、ハイビスカスの香りとか良さそう。

とはいえ、まあ僕的にはリップ系日焼け止めならBrisa選びますし、というかNULLは唇に塗っても効き目バッチリなので楽ちんです。しかも他の日焼け止めみたいに唇がカサカサしたりしないし。

 

バートラ(Vertra)は日焼け止め以外もある

実はバートラ(Vertra)は日焼け止め以外にもいろんな商品があります。

 

バートラ アフターサンジェル(Vertra After Sungel)

名前の通り、日焼け後の肌に使うジェル。日焼けで水分を失った肌に潤いを与えるジェルです。使ったこと無いので性能はよく分かりませんが、それにしても4000円はちょっと高い…。

 

バートラ リムーバー(Vertra Wipe box)

なんとこれはバートラ製の日焼け止め落としです。バートラの人たちも、自分たちの日焼け止めが落としにくいということは課題として認識してるんですね。だから自分のメーカーでその問題を解決するための商品を出しているんだと思います。それにしても送料考えると、日焼け止め落とすのに1回分が155円は高すぎるなあ。

 

バートラ ブラックスクラブ(Vertra BLACK LAVA SCRUB)

バートラのブラックスクラブは、かんたんに言うと洗顔スクラブです。ハワイ由来の成分を色々配合しているみたいです。

 

バートラ(Vertra)の塗り方と落とし方

「バートラ 塗り方」「バートラ 落とし方」で検索する人多いみたいなので、バートラをはじめ、強力な日焼け止めの塗り方と落とし方を紹介。

 

塗り方①汗をかく前に塗る

これ、バートラ(Vertra)の日焼け止めの塗り方の中で一番重要な事です。汗をかく前に塗る事で、落ちにくさが格段に上がります

 

塗り方②塗ってから15分待つ

これも非常に重要な事。バートラ(Vertra)だけでなく、日焼け止めは塗ってから肌に定着するまでには10-15分ほどかかります。なので、汗をかかない移動中のエアコンのきいた車内などで塗りましょう。

(ただし、気を付けないと洋服を脱ぐ時につくので要注意)

①と②ができれば、日焼け止めの効果は倍増します。

 

塗り方③2-3時間ごとに塗り直す

バートラ(Vertra)のように落ちにくい日焼け止めでも、日焼け止めの成分的に、効果は数時間で薄まります。なので、必ずこまめに塗り直すようにすると良いです。サーフィンの場合ならラウンド前に毎回塗る感じですね。

次は落とし方です。

 

落とし方①メイク落としシートを使う

バートラ(Vertra)はまず、メイク落としシートで大量に付着しているものを落とします。

 

落とし方②クレンジングオイル

次に肌についたバートラ(Vertra)にクレンジングオイルをよく馴染ませます。①でメイク落としシートを使った事で、おおよその汚れが落ちているのがここで活きてきます。というのも、いきなりクレンジングオイルで落とそうとしても、スティック型のものはなかなか綺麗に落ちないからです。

 

落とし方③泡立てて洗顔

仕上げに洗顔です。よく泡立てて洗いましょう。僕が使っている泡立てネットは「BULK HOMME THE BUBBLE NET 泡立てネット」なのですが、超絶おすすめです。

 

バートラ(Vertra)の激安ショップは?安い価格で買う方法は?

バートラ(Vertra)は高いので、激安価格で買う方法を探している人も多いみたいですね。

結論から言うと「バートラはどこのショップでも同じ価格」なのですが、一応安く(お得に)買う方法もあります。

僕のおすすめは「Amazonギフト券(ポイント)で買う事」です。

Amazonギフト券を9万円以上チャージすると「2.5%分の金額が加算」されます。つまり、9万円のチャージで「2250円もらえる」という事です。これは得ですよね。

セネ山
僕も日本の知り合いに頼んで、いつも現金でチャージしてもらってます

ちなみにAmazonギフト券は10年使えます。なので、9万円分チャージしても100%間違いなく使い切れます。

(僕は多い時1か月で使ってしまう…笑)

 

バートラ(Vertra)日焼け止め比較一覧表

バートラ(Vertra)の日焼け止め全種類を比較しやすく表にまとめました。

名前クリア(Clear)トランスルーセント(Translucent)クーリーベージュ(COOLY BEIGE)エフカイベージュ(EHUKAI BEIGE)コナゴールド(KONA GOLD)ミネラルローション(MINERAL LOTION)ミネラルスプレー(MINERAL SPRAY)リップバームリップバームリップバーム
タイプスティックローションリップ
透明半透明薄肌色肌色濃い肌色半透明半透明透明透明透明
SPF45503538385050303015
通販サイト販売サイト無し

 

まとめ

サーファーに愛用者の多いバートラ(Vertra)の日焼け止めですが、こうしてまとめてみると色んな種類があるのですね。

バートラの日焼け止めは市販品より効果的なのは間違いないですが、それだけを盲信するのではなく、たまには別のを使ってみると見える世界変わりますよ。僕が週5日サーフィンで使ってみて発見した最強の日焼け止めも是非チェックしてみてください。バートラより安くて効果抜群です。

TwitterInstagramでは、YouTubeで出す内容を先に少し出したり、このブログの記事をお知らせしているので、ぜひフォローしてください。という事で、僕は今日も海に行ってきます!

セネ山( @afsurf1 )でした🏄

▼ 関連記事 ▼

  • この記事を書いた人

セネガル山田(セネ山)

西アフリカのセネガルで宿「シェ山田」を運営しつつ、1日6時間・週5日のサーフィン生活満喫中|セネガルサーフツアー「セネサーフ」好評受付中|セネガル観光ラップで晋平太コラボ&TV出演も|著書『アフリカ旅行ガイドブック セネガル』|詳しいプロフィールはコチラ

Copyright© アフサーフ , 2020 All Rights Reserved.