この記事のURLとタイトルをコピーする

フランス語

セネガル格安フランス語留学【費用・体験談有】

投稿日:2019年9月5日 更新日:

「フランス語をできるだけ格安で勉強できる留学先を知りたい」

「フランス語留学で調べるとセネガルと出てくるけど、実際の費用は?」

「セネガルはアフリカだし治安が心配…」

こちらをご覧のみなさまは、以上のようにお考えだと思います。

 

ここでは、自身もセネガルにてフランス語を学び、セネガルの日本人宿「シェ山田」にてマンツーマンフランス語レッスンを提供するセネ山( @africa_shokai )が、

・セネガルでの格安フランス語留学がおすすめな理由

・セネガル格安フランス語留学のデメリット

・レッスンの種類と費用

・セネガルの治安情報

などを紹介します。

 

目次

格安フランス語留学はセネガルがおすすめな理由

セネガルでのフランス語留学がおすすめな理由を解説します。

 

公用語がフランス語

当たり前ですが、フランス語を学ぶ環境としては、公用語がフランス語である事は重要ですよね。

公用語が複数ある国もありますが、セネガルでは、公用語はフランス語1つのみ

学校の授業もフランス語で行われています。

 

治安が良い

セネガルは治安が良い事で世界的に有名。

実際、世界各国の外務省をはじめ、治安専門の調査機関などからも「日本並みに治安が良い」という評価を得ています。

詳しくは「アフリカ旅行は危険?治安悪い?外務省等4つの評価地図を在住5年目の宿主がまとめてみた」をご覧ください。

アフリカ旅行は危険?治安悪い?外務省等4つの評価地図を在住5年目の宿主がまとめてみた

 

ご飯がおいしい

セネガルは旧フランス領。

フランスの文化が持ち込まれた国のご飯がおいしい事は、容易に想像できると思います。

アフリカには旧フランス領の国が沢山ありますが、その中でもセネガルは、ご飯がおいしい国として有名

 

・日本と同じく「主食がお米」

・大別すると「炊き込みご飯」「タレかけご飯」の2種類

・海産物も豊富

・生ウニ、焼きウニ、生ガキが格安で食べられる

という事から、特に「セネガル料理は日本人の口に合う」と評判なのです。

 

その上、パンももちろんフランス仕込みでおいしい

フルーツもその辺で売っている。

滞在中の食事で苦労することは無いでしょう。

 

セネガル料理について、もっと知りたい方は以下をご覧ください。

 

また、日本でセネガル料理を食べたい方向けには、東京都内でセネガル料理が食べられるレストランリストをどうぞ。

東京都内のセネガル料理・アフリカ料理のレストラン3選

 

アフリカ料理のお店では、以下のように生演奏ライブがある事もありますし、楽しいですよ◎

 

フランス語を話すチャンスが沢山ある(一生懸命聞いてくれる)

公用語がフランス語のセネガル。

学校教育もフランス語で行われていますし、セネガルの人もフランス語のテレビ番組も観ます。

いわばフランス語ネイティブなのですが、それでもセネガルの人にとって一番慣れ親しんでいるのは「ウォロフ語」という言語。

 

そのため、セネガルの人達は、フランス語非ネイティブにも優しく、ゆっくりと説明してくれたり、こっちがブロークンなフランス語で話しても、どうにか理解して会話をしようと、一生懸命話を聴いてくれます。

フランス語を話すトレーニングをする環境としては、とても良いと思います。

 

英語が全然通じない

首都のダカールにいる人でも英語が通じないので、必然的にフランス語を使わざるを得ない環境です。

こうした強制的にフランス語を話す環境に身を置く事は、フランス語の上達に大いに役立ちます。

 

日本人運営のゲストハウスがある

手前味噌で恐縮ですが、僕が日本人宿「シェ山田」をやっています。

ですので、滞在中の不安は少なく、快適におすごしいただけると思います。

 

意外と観光地も沢山ある(世界遺産7つ)

実はセネガルには、

・塩分濃度は死海レベル!水に浮けるバラ色の湖「ラックローズ」

・屋久島の縄文杉の約2倍!直径32メートルの「巨大バオバブ」

・奴隷貿易の拠点として有名な負の世界遺産「ゴレ島」

をはじめ、7つの世界遺産を含む沢山の観光地があります。

(詳しくは「セネガル観光地15選」をご覧ください)

 

セネガルの文化や観光地をラップと映像で紹介する動画を作ったので、よかったらご覧ください。

 

食費や物価が安い

・コカコーラの瓶は45円

・ご飯1食90円から

・特大フランスパン25円

・ビール500ml 80円(スーパー)

・バス代9-45円

と、食費や物価は安くなっています。

ぜいたくをしない限り、滞在中の出費は抑えられるでしょう。

 

フランスより留学費用が安い(格安)

まず、フランスでの留学費用はどれ位かかるのでしょうか?

ざっと調べてみると、

フランスの語学留学は1ヶ月で30~70万円、1年間で250~500万円が費用の目安です。
学費だけでなく、渡航費や滞在費、生活費など込みの目安ですが、フランスが物価が高いため、特に生活費や滞在費がかさむ傾向にあります。

出典:留学くらべーる(https://ryugaku.kuraveil.jp/countries/france/purposes/language-school)

とありました。

なかなかの出費ですね。特に学生さんには大変そう…

 

一方、セネガルでのフランス語留学はというと…

なんと、滞在費も生活費も込みで、1か月で最安8-9万円程度で可能です。

(費用の詳細は記事後半で詳しく紹介しています)

 

セネガル格安フランス語留学のデメリット【なまり・生活環境】

僕自身、セネガルでフランス語を学びましたが、セネガルでのフランス語留学はメリットばかりではありません。

以下のようなデメリットがあります。

 

多少のなまりがある

セネガルをはじめ、アフリカの人達のフランス語は、発音が独特な場合が多いです。

ご存知の通り、フランス語は発音が難しい言語。

アフリカの人達は、自分たちが話しやすいように、発音を簡略化したのでしょう。

 

幸い、セネガルはフランスとの結びつきも強く、公用語もフランス語。日常的にフランスのニュースなどもテレビで流れているため、他のアフリカの国々よりはクセが少ないですが、それでも多少のなまりがあります。

ですが、セネガルでは、特に気になるのはRの発音位ですので、

「それはそういうもの」

と念頭に置いておけば、それほど問題にはなりません。

(幸い、シェ山田のマンツーマンレッスンを担当する先生は、なまりが少ないです)

 

生活環境はフランスよりは良くない

世界の先進国として数えられるフランス。

発展中のセネガルを比較しますと、さすがに生活環境は見劣りします。

 

アフリカにまったく興味の無い人には向かない

語学を学ぶ際は、その国の文化に触れる事になります。

セネガルをはじめ、アフリカにまったく興味の無い人には向かないでしょう。

 

セネガル格安フランス語留学はこんな人におすすめ

セネガル格安フランス語留学はこんな人におすすめです。

 

費用を抑えたい

なんだかんだ費用は切実な問題ですよね。

特にお財布事情の厳しい学生さんには重要かと。

 

アフリカに興味がある・アフリカで働きたい

アフリカに興味のある方にはおすすめです。

セネガルは観光地も音楽(ジャンベ)もダンスも盛んで、治安も良く、そして経済も発展中。

しかもご飯もめっちゃおいしいです(笑)

アフリカの文化やビジネスに興味のある方は楽しめると思います。

 

国際機関・開発業界・外務省で働きたい

フランス語は、国連をはじめ国際機関の公用語の一つに選ばれています。

また、フランス語が話せるようになると、仏語圏アフリカでの仕事のチャンスが増えます。

さらに、実際に働く事になった場合、現地での滞在経験は、自分の気持ち的にも、相手からの印象も良くなる事でしょう。

 

セネガル格安フランス語留学のレッスンの種類

レッスンは大きく分けて、集団授業とマンツーマンレッスンの2つに分けられます。

集団授業を行っている主な場所は、現地の大学と、フランス語の語学学校です。

マンツーマンレッスンは、シェ山田にて受講が可能です。

(なお、3名以上お集めいただける場合は、シェ山田にて集団授業を行う事も可能です)

 

集団授業

初級者・初心者クラスの場合、主に文法を勉強します。

中級者クラスでも、文法の比率は高いです。

一方で、集団のため講師が一人一人に向き合い教えてくれる時間、そして一人当たりの会話の機会は圧倒的に少ないです。

また、集団授業のため、自分のペースで進める事はできません

自分が終わっていても待つ事もありますし、反対に置いて行かれる事も。

上級者(仏検準1級レベル以上)の授業になると、ディスカッションなども増えてきます。

集団でいる分、それでも色々な機会は少なくなりますが、上級者には学校もオススメできます。

先生は主にフランス語で授業を行います。英語が話せない先生もいます。

 

マンツーマンレッスン

マンツーマンレッスンは、文字通り先生と1対1のプライベートレッスン

その方のレベルに合わせて、文法に加え、会話やライティングなど、様々な事を短時間で効率的に学ぶ事ができます。

シェ山田のレッスンの場合、先生は英語を話せることに加え、日本人への指導経験が数十人以上あります。

そのため、英語で気軽に質問が可能で、かつ日本文化への理解もあるため会話もしやすいです。

(詳細は以下をご覧ください)

 

セネガル格安フランス語留学の受講場所の種類

セネガルでは主に3か所で格安フランス語留学をする事ができます。

 

ダカール大学(Université Cheikh Anta Diop de Dakar 通称「UCAD」)のフランス語講座

ダカール大学のフランス語レッスンは、数か月単位で年数回開講します。

先生はセネガル人が多いです。

最大数十人程度の人数を、先生一人が指導します。

 

レベル分けはおおざっぱで、3-4位のクラスしかありません。

授業は基本的にすべてフランス語。

授業料は、3か月で約2-3万円。

また、通うための交通費が別途必要となります。

バスなら1日100円程度、タクシーなら1日800円程度

 

「ダカール大学の授業を受講しつつ、宿泊はシェ山田でしたい」

というのももちろんOKです。

お気軽にご相談ください。

 

アンスティテュ・フランセの集団授業

アンスティテュ・フランセは、フランス政府が認める語学学校。

3か月ごとに授業が区切られており、おおよそ

 

【冬季】1-2月:授業 3月:授業無し 希望者のみテスト

【春季】4-5月:授業 6月:授業無し 希望者のみテスト

【春季】7-8月:授業 9月:授業無し 希望者のみテスト

【春季】10-11月:授業 12月:授業無し 希望者のみテスト

といったスケジュールになっています。

 

レベルはDELF・DALFのA1の前からC2まで分かれてます。

先生一人が、最大15人程度の人数を指導します。

授業は基本的にすべてフランス語。

 

授業料は、1か月約2-3万円(登録料1.5万円程度が別途必要)。

また、通うための交通費が別途必要となります。

バスなら1日100円程度、タクシーなら1日千円程度

 

「アンスティテュ・フランセの授業を受けつつ、宿泊はシェ山田でしたい」

というのももちろんOKです。

お気軽にご相談ください。

 

日本人指導経験30人以上の講師によるマンツーマンレッスン

日本人宿「シェ山田」のマンツーマンレッスンは、日本人への指導経験3年以上、英語も話せる先生によるプライベートレッスンです。

先生は若いオシャレな女性。映画の構成作家もやっていて、先日はスペインの映画関連イベントに行っていました。

 

セネガルの若者文化にも造詣が深く、国際問題や政治事情にも精通しています。

また、日本の文化についてもある程度知っているので、話題に困る事はないでしょう。

加えて、外国人のビジネスパーソン(特に映画関係者)とのコミュニケーションにも慣れているため、ビジネスに役立つ言い回し(例:角の立たない言い方)も学ぶ事ができます。

 

時期も、レッスン受講者の方のご都合に合わせて、何月からでも、月の途中からでも、レッスンが可能です。

授業料は、1か月約1-4万円(回数による)。

宿で行うので移動も必要無いため、交通費も無料です。

 

セネガル格安フランス語留学の各レッスンの特徴(メリット・デメリット)

セネガルでの格安フランス語留学の特徴は以下の通り。

 

ダカール大学(Université Cheikh Anta Diop de Dakar 通称「UCAD」)のフランス語講座

ダカール大学の講座のメリット・デメリットは以下の通り。

 

メリット①安い

ダカール大学のフランス語講座の大きなメリットは、その安さ。

3か月間ほどのコースで、約2万円で受講可能です。

 

デメリット①人数が集まらずに開講されない危険性

そもそも、人数が定員未満の場合、開講されない事もあり得ます。

「はるばるセネガルまで来たのに、何もできなかった…」

という事になる恐れがあります。

 

デメリット②講座が予定の時期に開講されない危険性

仮に開講される事になっても、講座の開始予定日から数週間開始が遅れる事も大いにあり得ます。

もし仮にそうなった場合、1か月間の予定でセネガルにお越しになった方は、ほとんど授業を受ける事ができないと言った事になります。

休講もしばしば。

 

デメリット③レベル分けがざっくりしている

授業のレベル分けがざっくりしているため、ある人にとっては物足りず、ある人にとっては分からなすぎる、といったミスマッチが生まれやすいです。

 

デメリット④授業はフランス語オンリー

日本語で学んでも難しいフランス語の文法をフランス語で学ぶなんて、学習効率悪すぎ。

また、日本の学習参考書は、世界的に見ても非常に詳しく丁寧で分かりやすいです。

基本的な文法は、絶対に自分で勉強した方が良いです。

自分で勉強する気が無いのに語学を習得するとかムリなので、それができない人はそもそもフランス語の習得は諦めましょう。

 

デメリット⑤大学付近はデモ多数

ダカール大学では、学生によるデモが頻発。

道路が封鎖されたり、時には騒ぎが大きくなる事も。

デモ時は危険なので、絶対に近寄らないようにしてください。

 

デメリット⑥先生が給与を理由に授業ボイコットの危険性

セネガルでは、学校の先生が給与の低さを理由に授業をボイコットする事がけっこうあります。

このフランス語のコースではさすがに無いと信じたいですが、分かりません。

 

【結論】滞在期間が3か月以上で、DELF B1(仏検2級)以上の方なら選択肢の一つになるかも

授業の非確実性があまりに大きい事、授業の質などから、僕は正直おすすめしません。

 

アンスティテュ・フランセの講座

アンスティテュ・フランセの講座のメリット・デメリットは以下の通り。

 

メリット①先生がフランス人

フランス人の発音を教われるのはメリットです。

 

デメリット①人数が集まらずに開講されない危険性

そもそも、人数が定員未満の場合、開講されない事もあり得ます。

「はるばるセネガルまで来たのに、何もできなかった…」

という事になる恐れがあります。

 

デメリット②レベル分けがざっくりしている

授業前にレベル分けのテストがあるのですが、これがあまりに適当

そのため、せっかくクラス分けがされていても、クラス内にいる人のレベルがかなりバラバラです。

ある人にとっては物足りず、ある人にとっては分からなすぎる、といったミスマッチが生まれやすいです。

 

デメリット③授業はフランス語オンリー

日本語で学んでも難しいフランス語の文法をフランス語で学ぶなんて、学習効率悪すぎ。

また、日本の学習参考書は、世界的に見ても非常に詳しく丁寧で分かりやすいです。

基本的な文法は、絶対に自分で勉強した方が良いです。

自分で勉強する気が無いのに語学を習得するとかムリなので、それができない人はそもそもフランス語の習得は諦めましょう。

 

【体験談】僕のケース

僕は、セネガル渡航直後、アンスティテュ・フランセの講座を受けた事があります。

結論としては、非常にもったいない時間だったと感じています。

 

僕は、クラス分けされたクラスで学ぶ文法をマスターしていたので、正直授業を受けている意味が感じられませんでした。

また、それでも、フランス語をフランス語で説明されると、分かっている事なのに分からないように扱われてしまうのが、とても嫌でした。

 

クラスにいる人達は、

「フランス語の文法は分からないけど、話すのはペラペラ」

みたいな人が多く、それを前提に授業が進んでいくのも不思議でした。

 

また、往復の移動時間と体力の消費がムダだと感じました。

セネガルの交通機関は日本の電車のように空調はきいていません。

バスは時刻表も無く、炎天下で1時間待つ事もザラ。

具合が悪くなる事もしばしばありました。

また、タクシーの場合交通費が日本円で毎日千円近くかかるので、経済的ではありません。

 

他の国のアンスティテュ・フランセは分かりませんが、僕がセネガルで実際試してみた感想としては、あまりおすすめしません

 

【結論】滞在期間が2か月以上で、DELF B2(仏検準1級)以上の方ならアリ

集団授業のメリットは、大勢でのディスカッション。

このメリットを享受するには、ある程度高いレベルのフランス語力が必要です。

この記事の後半で「フランス語のレベル別おすすめレッスン」をまとめていますが、仏検準1級レベル以上の方なら、メリットを享受できると思いますのでアリかも。

 

シェ山田のマンツーマンレッスン

シェ山田のマンツーマンレッスンのメリット・デメリットは以下の通り。

 

メリット①日本人指導経験が3年以上ある先生

日本人数十人への指導経験があるため、日本人や日本の文化の知識もあります。

日本人がつまづきやすい点を把握しているので、親身になってアドバイスをしてくれます。

 

メリット②自分のペースで受講できる

集団授業との大きな違いです。

自分のペースで進んでいけるのは、大きなメリットです。

 

メリット③時間を有効に使える

往復の移動時間などが無く、時間を有効に使えます。

 

メリット④ケガや病気・トラブルのリスクも大幅に減らせる

移動が無いため、デモや移動中のスリなどのリスクも有りません

また、人混みへの外出による病気や体調不良なども防げます。

 

メリット⑤交通費や外食費がかからない

ダカール中心地の物価は高く、外食で1食400-500円はザラ。

毎日食べているとそれなりの出費です。

 

かといって、授業終わりにバス待ち+移動が渋滞で数時間コースになる事もあり得る中、ご飯を食べる前に移動するのはハード。

かといって、タクシーで毎日交通費に千円は結構な出費ですよね。

 

シェ山田はキッチンも自由に利用可能。

日立製の炊飯器もあるので、ガッツリ自炊で節約できます。

また、レッスンは先生が宿まできてくれるので移動不要。

つまり交通費無料です。

 

デメリット?①授業はヘトヘトになります

2時間のマンツーマンレッスン。

授業が終わったらかなりヘトヘトになります(笑)

 

デメリット?②予習復習はしっかりやる必要あり

2時間誰かと2人で話すって、日本語でも大変。

それをフランス語でやるためには、事前準備がとても大切です。

 

シェ山田のマンツーマンレッスンでは、

「ゼロから始める人でも、先生と2時間話せるための工夫」をしているので、ご安心ください。

ただし、予習は大変ですよ!笑

 

【体験談】僕のケース

僕は、アンスティテュ・フランセの講座を受けて辞めた後、マンツーマンレッスンを開始しました。

結論としては、マンツーマンにして良かったと感じています。

 

移動時間を節約できて、その分勉強できますし、満員のバスで疲れもたまらない。

自分のペースでできるから効率的。

正直、良い事だらけでした。

 

自分がやってみた体験から、マンツーマンレッスンの提供を始めたので、自信を持っておすすめできます。

 

【結論】手前味噌ですが、すべての人に一番オススメです

ありきたりな結論ですみません(笑)

でも、実体験を元にそう思うんです。

 

セネガル格安フランス語留学の費用

上記で紹介しましたように、集団授業の場合、1か月約1-3万円です。学校によって登録料1.5万円程度が別途必要です。

また、通うための交通費が別途必要となりますバスなら1日100円程度、タクシーなら1日千円程度)

そのため、計1.5-5万円程度となります。

 

マンツーマンレッスンの場合、1か月間1-4万円程度(レッスン回数による。交通費不要)です。

 

セネガル格安フランス語留学の注意事項

一番の注意事項として、集団授業は「滞在期間中に授業が受けられない恐れがある」「大幅に開講が遅延する恐れがある」という事です。

まず前述の通り、大学は、開講の遅れが日常茶飯事です。1週間、2週間の遅れはざらに発生するため、ご旅行者の方が仮に申し込んで費用を支払った後にそうなったら悲惨です。

 

さらに悲しいケースもあります。

集団授業はレベル別に分かれていますが、各レベルの授業の開講のための最低人数が集まらない場合、なんと開講されない事があります(もしくは、上のレベルが高すぎるクラスと一緒にされるなど)。

反対に、人数が定員に達した、申込期限に間に合わなかった、などの理由で参加を拒否される場合もあります。

 

セネガルでは、事前にメールや電話などで確認し、支払いまで済ませても、こうした事が起こります

そのため、セネガルに2か月以上ご滞在の方など、時間に余裕のある方は学校も選択肢の一つとして考えられますが、それ以外の方にはマンツーマンレッスンをオススメしています。

 

セネガル格安フランス語留学のレベル別オススメ受講方法

フランス語の現在のレベル別におすすめのレッスンを紹介します。

 

初心者(ゼロから始める方~仏検5級程度)

初心者の方には、レッスンにかかる費用を節約するためにも、レッスンをより有意義なものにするためにも、可能であれば、レッスンご受講開始前に自習をする事をオススメします。

(最低数日間、可能なら1か月程度。時間に余裕のある方は、レッスン前に初心者を脱出し初級者レベルまで自習すると、その後の上達が格段に速くなりますのでオススメです)。

 

日本では時折、「英語は英語で学ぶべき」という風潮があります。

これができるのは、日本人は英語の基礎を中学校で学んでいるからなのです。

また、高校や大学へ行っている人も多いですし、英語の歌や映画など、日本人の生活に英語は溢れています

日本で生活をしているだけで、他の外国語よりも圧倒的に接する頻度が高いのが英語なのです。

 

「“これはペンです”、“(数字の)9”、“またあとでね”、これ、フランス語でなんというか分かりますか?」

もし日本の街中でこう質問したら、答えられる人は1割もいないと思います。

一方、これが英語なら、9割以上の人が分かるのではないでしょうか。

英語が得意苦手ではなく「そんなの当たり前/常識でしょ」というレベルの質問だと思います。

それすら分からない状態で費用をかけてレッスンを受ける事について、みなさんはどう思いますか?

私は、あまりにもったいないし、最低限の文法はまず自分で学んだ上でレッスンを受けた方が経済的かつ効率的だと思います。

 

また、そんな状態で「フランス語の文法をフランス語だけで学ぶ」事を想像してみてください。

どうですか、できそうでしょうか??そうです、無理です(笑)

これは、フランス語で「これはペンです」が言える人でも難しいと思います。

 

セネガルの集団授業では、フランス語をフランス語で学びます。

時には英語が一切分からない先生もいますので、質問をしたくてもできない状況です(というか、すべてが理解不能だと思います)。

クラスメートには「文法は知らないけどすでに結構話せる」という生徒もいます。

 

以上の事から、初心者の方が、いきなりセネガルでの集団授業を受けるのは難しいと言えます。

シェ山田のマンツーマンレッスンでは、英語の話せる先生から教わる事ができますので、コミュニケーションも集団授業より簡単です。また、日本人への指導経験が豊富なので日本文化への理解や知識もあるため、話も弾みます。

そのため、初心者の方には、マンツーマンレッスンをオススメします。

 

なお、マンツーマンレッスンご受講の方には、私から具体的で効率的な勉強方法や、日本で買えるおすすめの参考書などをお伝えしています。

もちろん、ご旅行中に急に思い立った方、セネガルご到着後にご受講をお決めの方は参考書などをご用意するのは難しいと思いますが、ご安心ください。

シェ山田では、初心者の学習に必要な参考書を複数所蔵しております(数には限りがございます)。

 

・オススメのレッスン形式 → マンツーマンレッスン

・レッスン回数の目安   → 週2~3日

 

初級者(仏検4級~仏検3級 DELF A1程度まで)

初級者の方は、フランス語をしっかり学ぼうとお考えだと思います。

そのため、すべての基礎となる文法の自習の大切さはご存知だと思います。

 

初級者の方がまず目指したいのは、まずは一対一で、とにかく自分が伝えたい事を伝えられるようになる事です。

そのために必要なのは、圧倒的なアウトプットの練習、そしてアウトプットをするため、そしてアウトプットの結果得るインプットです。

 

学びたいと思っているが、一人ではできない事。レッスンはこれを学ぶ場です。

一人ではできないアウトプットの練習は、自分の記した文章を評価してもらう事、そしてなんと言っても自分の言いたい事を人に向かって堂々と話すという経験です。

 

集団授業では、この一人では学べない事についてのインプット・アウトプットの量が圧倒的に不足しています。

そこで、このレベルの方にもマンツーマンレッスンが有効です。

 

・オススメのレッスン形式 → マンツーマンレッスン

・レッスン回数の目安   → 週2~4日

 

中級者(仏検3級~仏検2級 DELF A2程度まで)

私は、日本でフランス語を1年間独学してセネガルに来ました(勉強開始8か月頃に仏検準2級を取得)。

そしてセネガルに来た私は、集団授業に参加しました。そこで感じたのは自分の求めていたものとのズレでした。

 

このレベルのみなさんと同様に、私も基本的な文法は学んでいたので、自分一人ではできない事、つまり会話の経験を多く積みたいと考えていました。

具体的には、自分が話すだけでなく、「相手の話を聞き、それを理解し、それに対して自分の意見を述べる」という経験です。

 

しかし、集団授業では、すでに理解している文法問題ばかりを解かされました(例:複合過去、近接未来)

自分の求めているものと違うと思った私は、学校を辞めました。

 

そんな時、当時セネガルに住んでいた日本人の方から「家庭教師にマンツーマンレッスンを受けている」と紹介され、レッスンを受けてみる事にしました。

すると、1回のレッスンでヘトヘトになる位、頭を使っていました。

今まで自分が学校でいかに楽をして怠けていたのかが分かりました。

 

そうした経験から、私は1対1で双方向のコミュニケーションを学ぶところまでは、集団授業よりも圧倒的にマンツーマンレッスンが有効であると気付きました。

 

・オススメのレッスン形式 → マンツーマンレッスン

・レッスン回数の目安   → 週3~4日

 

上級者(仏検準1級・DELF B1~B2)

このレベルのみなさまは、1対1で、かつ平易なトピックであれば、会話ができると思います。

 

ですが、まだまだ政治や文化・宗教などのセンシティブで難解なテーマについて、議論を深められるというレベルではありません

一応、このレベルからは集団授業でも得られるものがあると思いますが、まだまだマンツーマンの方が効率が良い段階。

この段階になったら、勉強以外でも積極的に外に出て、自分の興味のあるアクティビティや観光を楽しみつつ学ぶのが良いと思います。

また、このレベルになると、レッスンの回数を少々増やしてもこなせると思います。

 

・オススメのレッスン形式 → 集団授業およびマンツーマンレッスン

・レッスン回数の目安   → 週3~5日

 

エキスパート(仏検1級・DELF C1以上)

このレベルのみなさまは、すでに1対1であれば難解なトピックでもある程度問題なく会話ができると思います。

ここで初めて、複数人で相談や議論を交わす経験が重要になってきます。

様々な意見が飛び交うなか、頃合いを見計らって自分の主張をする、相手の主張に異を唱える、相手の言葉を引用し同意しつつ、角を立てないように相手とその賛同者を説得する、様々な人の話し方のニュアンスや言い回しを理解するなど、こうした事は集団授業ならではの学びです。

もちろんマンツーマンレッスンは、すべてのレベルに対応可能ですが、このレベルのみなさまは、集団授業、マンツーマンレッスン、どちらも有効に活用できると思います。

近所の話好きのセネガル人を捕まえて、セネガルの事について色々と議論をしてみても良いでしょう(笑)

 

・オススメのレッスン形式 → 集団授業およびマンツーマンレッスン

・レッスン回数の目安   → 週3~5日

 

セネガル格安フランス語留学体験談

マンツーマンレッスンの詳細や、実際にレッスンを受けた方の体験談は以下でご覧いただけます。

フランス語留学体験談(日本人宿「シェ山田」サイト内)

フランス語留学体験談inセネガル(僕の運営する別サイト「フランス語留学.com」です)

 

フランス語初心者の方の体験談(動画)

以下の動画は、フランス語力ゼロから2か月間シェ山田でマンツーマンレッスンを受講したアカリさんのインタビューです。

初心者の方の参考になると思います。

 

フランス語中・上級者の方の体験談(動画)

中・上級者の方の方には、フランス留学経験のある大工原さんのインタビューが参考になるかもしれません。

 

セネガル格安フランス語留学がおすすめな理由まとめ

セネガル格安フランス語留学は「フランス語を学びたい」事に加え、アフリカに興味がある人にオススメです。

言語だけでなく、フランスの影響を受けた様々な文化、そして近代化した現在も続く現地独特の文化を見て、行って、話して、感じる事ができます。

西アフリカ旅行をお考えの方、また将来フランス語を使って仕事をしようと考えている方は、仏語圏西アフリカの玄関口であり主要国のセネガルでフランス語を学んでみてはいかがでしょうか。

 

【セネガル格安フランス語留学】語学学校のレッスンでも日本人宿「シェ山田」にご宿泊可能です

・シェ山田でのご宿泊&マンツーマンレッスンのご予約

はもちろんですが、

・ダカール大学やアンスティテュ・フランセの授業を受講しつつ、宿泊はシェ山田でしたい

というのももちろんOKです。

お気軽にご相談ください。

こんな記事もおすすめです

この記事のURLとタイトルをコピーする

Copyright© アフサーフ , 2019 All Rights Reserved.