アフリカ セネガル 海外旅行

東京都内のセネガル料理・アフリカ料理のレストラン3選

投稿日:2019年1月6日 更新日:


サバ?鯖!セネガル山田( @africa_shokai )です。



世界中の様々な料理を食べているあなたでも、アフリカの料理を食べる機会はあまり無いのではないでしょうか?

中華を食べ、洋食を食べ、アジア料理を食べるのに、アフリカ料理を食べないのはなぜか?

それは、アフリカ料理がどんなものか知られていない事、おいしいというイメージが無い事、そして身近にアフリカ料理を食べられるところが無い事が理由だと思います。

 

たしかにアフリカの料理の中には、日本人の口に合わないものもあります。それに、慣れない料理ははじめはぎょっとするものです。

ですが、実はアフリカ料理の中にも、日本人の口に合う料理が沢山あります。

 

特にセネガル料理は、

・日本と同じく主食はお米

・炊き込みご飯とタレかけご飯(カレー的な)の2種類

 

と、特に抵抗なく食べる事ができる事に加え、しかも日本人の口に合います。

そこで今回は、アフリカ屈指のおいしい料理が揃うセネガル料理が食べられるお店を紹介します。

 

【東京都内】アフリカ・セネガル料理のレストラン①Blue Baobab(ブルーバオバブ)【神谷町・赤羽橋】

住所:〒106-0041 東京都港区麻布台2-2-12 三貴ビル2F
日比谷線「神谷町」駅・大江戸線「赤羽橋」駅から徒歩6分

TEL:03-6884-3100

HP: http://tomosu-lab.com/

営業時間:平日(火ー金曜)11:30~24:00(L.O.23:00) 土・日・祭日12:00~23:00(L.O.22:00)

定休日:月曜日

メニュー

食事:ヤッサ、チュー、マフェ、スープカンジャなど
ランチ各1000円ドリンク付き ディナー各1200円グラスビール付き
飲み物:カフェトゥーバ、ビサップジュース、 バオバブ&レモン ミルクなど
各500-600円

セネガル料理のあるバー。カラフルな内装でとてもオシャレな店内。

いわゆる「アフリカ」というイメージとは異なるため、一見するとここがセネガル料理屋さんだとはすぐには気付かないかもしれませんが、よく見ると店内にはかわいいセネガルの小物が沢山。いるだけで気持ちが明るくなります。

加えてオーナーの下和田さんもとても気さく。在日セネガル人もよく訪れています。

料理は無い時もあるので、もしお目当ての料理がある場合は、来店前に電話で確認するのが吉。

また、アフリカのお酒もあり、モロッコビール、ケニアビール、チュニジアビール、南アフリカのワイン、セネガルのハイビスカスジュースを模したカクテルなどを味わう事ができます。

 

【東京都内】アフリカ・セネガル料理のレストラン②アフリカンレストラン・カラバッシュ【浜松町】

住所:〒105-0013 東京都港区浜松町2-10-1 浜松町ビル B1
JR「浜松町」駅南口より徒歩2分 各線「大門」駅B2出口より徒歩4分
都営三田線「芝公園」駅A3出口より徒歩6分
TEL:03-3433-0884
HP: http://www.calabash.co.jp/
営業時間:月~金(ランチ)/11:30~14:00
月~土(ディナー)/18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日:日・祝日

メニュー
食事:チキン・ヤッサ、チェブ・ジェン、チェブ・ヤップなど 各1000-1500円
飲み物:ビサップジュース、ジェムジェム(ジンジャージュース)、ブイジュース、タマリンド 各500円

アフリカ専門の旅行会社として有名な「道祖神」。当店オーナーの熊澤さんは、その道祖神の創業者。

そんなアフリカを知り尽くしている熊澤さんは、経験から「食と文化は、西アフリカにあり、東にあらず!」が持論との事。

そんな熊澤さんのこだわりが随所に感じられるレストランで、アフリカを感じてみてはいかがでしょうか。

 

セネガル料理以外にも、マリ料理、コートジボワール料理、ナイジェリア料理などがあります。

また、アフリカのお酒もあり、ケニアビール、ナイジェリアビール、南アフリカ産ワイン、チュニジア産ワイン、モロッコ産ワイン、アルジェリア産ワイン、また不定期入荷ながらルワンダ、ケニア、タンザニア、ウガンダなどの独自のお酒も。

 

【東京都内】アフリカ・セネガル料理のレストラン②アフリカ大陸【吉祥寺】

住所:〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-4 オフィス ワン ビル地下1階103
井ノ頭線・JR吉祥寺南口〈井の頭公園口)より徒歩6分
TEL:090-1735-9077
HP: http://yashizake.net/
営業時間:18:00〜23:00
定休日:月曜日 第1・3水曜日

メニュー
食事:チェブジェン(要予約)、ヤッサギナール、チュー、マフェ、スープカンジャ、など 各1000-1300円
飲み物:ブイ(バオバブ)ジュース、ビサップジュース、ケンケリバ茶、ジンジャージュース、カフェトゥーバ、アタヤ(セネガルの緑茶 要予約) 各600-700円

アフリカ料理の食べられるレストランバー。

セネガルに7年間住んでいた事があるというオーナーのミホさんが営む同店は、アフリカを感じさせる独特の雰囲気で、カウンターとソファ席がありとても居心地が良いです。

店内のオープンな雰囲気とコンパクトさから、お客さん同士の交流も生まれやすいです。

アフリカに繋がりの深いお客さんが訪れているので、おもいきって隣のお客さんにも声をかけてみると、より楽しめるかもしれません。

 

セネガル料理以外にも、ガーナ料理、ケニア料理、ナイジェリア料理などがあります。

また、アフリカのビールもあり、ナイジェリアビール、南アフリカビール、エジプトビールなどを味わう事ができます。

料理もお酒もある時と無い時があるので、もしお目当ての料理がある場合は、来店前に電話で確認するのが吉。

 

アフリカ関連イベントも。どこも通うのが楽しくなるお店です

どのお店もセネガルやアフリカに関するイベントなどを時折開催していて、食事だけでなくアフリカ文化に触れる事もできます。

(特にブルーバオバブさんは、フランス語を学べたりアフリカについて知るイベントなどを沢山開催しています。要日程確認)

 

各店のオーナーさんに聞いた「お店立ち上げのストーリー」、そしてその他セネガルの情報はガイドブックに載せてありますので、ご興味のある方はどうぞ。

こんな記事もおすすめです


セネガル山田のTwitter(@africa_shokai)では、ブログより先出しで、ブログ記事の元になる情報をつぶやいたりしています。
セネガル山田のLINE@では、記事やYouTubeの最新情報をお届けします。

Copyright© The Sene Yama Times , 2019 All Rights Reserved.