海外生活・移住

27歳で移住した僕が「20代の海外移住」をおすすめしない1つの理由

20代の海外移住を勧めない理由を移住者が解説

海外移住6年目のセネ山(@africa_shokai )です。

「20代で海外移住とかすごいね!」

「移住とか羨ましい…」

西アフリカのセネガルに移住してからというもの、いろんな人から移住した事をこのように言われました。

お気持ちはありがたいのですが、正直「ぜんぜんすごくない」です。

それになにより…あまりオススメしません

波野リカ
えーなんで??海外移住いいじゃん♪

って思いますよね。そこで今回は、20代で実際に海外移住をした僕20代の海外移住を勧めない理由について解説します。

(なお、この記事では「移住=日本での生活を完全に整理して、3年以上住むつもりで海外に引っ越す事」と定義します。)

最後まで読むメリット

この記事を最後まで読むと、

  • 20代の海外移住を勧めない理由
  • 海外移住した僕の10個の後悔
  • それでも移住したい人が絶対するべき事

を知る事ができます。

なお、以下の目次を見ると、この記事の概要が分かります。

【20代の海外移住】移住は難しくない

まずはじめに、海外移住は、移住する国や、やり方によっては、必ずしも難しいものではありません。

たとえば、国によっては

  • ビザ無しで1年滞在可能な国
  • ビザ無しで3か月滞在可能で、1日でも隣国に出ればすぐに再度入国可能な国

もあります。

こうした国なら、その気になれば、今すぐにでも移住できますね。

そういった意味で、海外移住生活は、意外と誰にでもスタートできます。

ですが、重要なのは移住してからです…

 

【20代の海外移住】移住は難しくないが楽でもない

さて、あなたが念願だった移住生活をスタートさせたとしましょう。

そんなあなたを待ち受けているのは、圧倒的な文化の違い

もちろんあなたは、

  • 住む前にその国を旅行などで訪れて気に入った
  • 日本でその国の人達の文化を知り魅力を感じた

といったキッカケがあったから移住を決意したのでしょうし、普通の日本人よりはその国について知っているかもしれません。

ですが、ハッキリ言って「住む」ってそんな生半可なものじゃないんです。

あわせて読みたい

海外移住の後悔とデメリットを移住者が解説
移住6年目。海外移住の後悔・デメリット10個を本音で語ってみる

海外移住6年目のセネ山(@africa_shokai )です。 「海外移住して後悔した事ある?」 「移住して感じたデメリットは?」 この記事では、そんな疑問にお答えします。   移住6年目に ...

続きを見る

では仮に、幸運にも移住先の国の文化があなたにピッタリだったとしましょう。

本当に大変なのはここからです。

 

【20代の海外移住】移住は継続が難しい

移住生活をスタートさせる事ができた。

その国はやっぱり良い所だった。自分の肌に合っている。

それは本当に奇跡的な事ですし、あなたは第二のホームを見つけた幸せ者です。

ですが、そこで立ちはだかる大きな壁が「移住を継続する事」

 

もちろん、以下のいずれかの条件を満たす方なら長期移住できるでしょう。

  • 数千万円程度、ある程度まとまった貯蓄がある
  • 言語の壁を越えて稼げるプロフェッショナルなスキルがある(アート、スポーツ、手品等)
  • 語学堪能で現地就職できる(就労ビザ問題もクリアの目途がついている)

でも、20代でこれらの条件はなかなかハードルが高いですよね。

さらに言うと…

 

【20代の海外移住】移住先で成し遂げたい具体的な目標は?

あなたが移住したい理由はなんでしょうか?

「(国名)が好きだから」

「日本を出たいから(日本は合わないから)」

という理由では、正直ほぼ100%、後悔する事になります

 

いままで述べてきた通り、移住では、さまざまな困難が待ち受けています。

もちろん楽しい事もありますが、つらい・疲れる・不便を感じる事も多いです。

そんな中で住み続けるには、こうした困難にめげない精神力が必要ですが、そこで踏ん張れるかどうかは「移住先で成し遂げたい具体的で強烈な目標」があるかどうかにかかっています。

 

「●●したいから移住する」

それ、本当に移住しなきゃできない事ですか?

日本でもできる方法あるんじゃないですか?

自問自答を繰り返して、実際に日本で試行錯誤して…それでもやっぱり「日本では難しい」「(国名)でなければできない」場合に、初めて海外移住を考えた方が良いと思います。

という事で…

 

【20代の海外移住】あなたは本当に「移住」したいのか?

移住って、日本という、当たり前のようにあった恵まれた環境を「捨てて」、海外に飛び込む事になります。

そこまでして移住すべきなのか?いまいちど、これをしっかり考えた方がいいです。

「それでもやっぱり移住したい…」

「漠然とした理由だけど、やっぱり海外に住みたい…」

というあなたにオススメなのは…

 

【20代の海外移住】移住目標が曖昧なら「プチ移住」すべし

プチ移住とは「3か月間以上、1つの街に滞在し、住んでいるように過ごす事」。

買い物して自炊したり、現地で自分の趣味をやってみたり。仕事があるのか、就労ビザは取れるのかなど、下調べをするのも良いでしょう。現地の賃貸事情にもよりますが、半年以上滞在するのなら、ホテルなどの宿泊施設ではなく、賃貸してみるのも良いかもしれませんね。

そのようにして、実際にその街で暮らすように滞在する事で、旅行では見えなかったその国の姿が少しだけ見えてきます。

以下のクレジットカードは、無料でプチ移住費用を10-30万円程度減らす事ができるので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい

海外移住経験者おすすめクレジットカード4選【駐在・赴任・長期出張】

海外移住6年目のセネガル山田( @africa_shokai )です。 「海外移住者におすすめのクレジットカードはどれですか?」 海外移住も長くなってきたからか、こんな質問を受ける事が増えてきました。 ...

続きを見る

ただ、実際に一番重要な事は、移住してからじゃないと分からない以下の事です。

 

【20代の海外移住をおすすめしない理由】一番のハードルは仕事(お金)

十分な資産がある方を除き、移住してから一番苦労するのが「仕事」です。

僕、正直「お金が絡まない状況では、世界中のほとんどの人が良い人」だと思ってます。

仕事を始めて、もしくは依頼して、お金が発生する状況になって初めて、その国の人の本性が出るのです。

これが、2014年から海外に住んでみて、僕が一番痛感しているところです。

そうした意味で、やっぱり日本人の勤勉さって、本当に素晴らしいんですよ。僕はそんな日本人が大好きです。

 

僕、元々は「アフリカから一人でも多くの人を経済的に豊かにする」という高尚な目標を掲げて活動していたのですが、日々の文化の違いによる衝突だけでなく、詐欺や裏切りをはじめ、あまりにも沢山のトラブルが起きた事で、正直、セネガルの人と働くのが嫌になってしまいました。

セネ山
正直、けっこう心のダメージ大きかったです…

僕はいまは日本人向けにのみ仕事をしていますが、やっぱり日本人との仕事だと、精神的にとても楽で、心の健康が保てるんですよね。

なので僕は、移住したいと思っているあなたにも、移住先でも日本人向けの仕事でお金を稼げるスキルをつける事を勧めたいです。

でも、多くの人はこんな風に思うはずです。

 

【20代の海外移住】移住には「どこでも稼げるスキル」を学べ

「私/俺にそんなスキル無い…」って。普通そうですよね。

これが、僕が20代の海外移住を勧めない理由移住は、そういうスキルが身に着いてからでも遅くない。というか、そうでないと継続できずにすぐゲームオーバー。つまり、日本に帰国する事になります。

普通に会社で働いている20代で、そんなスキルなかなか身に着きませんし、もし仮にそんなスキルあるなら、毎日満員電車乗って通勤せずに、自宅でのんびり/旅行しながら働くよって感じですよね。

 

これは、海外移住しようと思う位探求心や好奇心の強いあなたにだから勧めるのですが、もし上記のように思うなら、それ、叶えましょうよ。

裏を返せば、正直、どこでも稼げるスキルさえあれば、海外移住、すぐできるって事ですよ。

 

じゃあ、どこでも働けるスキルってどんなものがあるでしょうか?

オンラインで仕事をしたい人と依頼したい企業が集まるクラウドソーシングのサイトで見てみると、需要が多いのは以下のような仕事でした。

  • 記事執筆(報酬安め・競争率高め)
  • デザイン(ロゴ・イラスト制作等)(報酬普通・競争率高め)
  • プログラミング(報酬高め・競争率低め)

「記事執筆」は、ある程度誰でもできる仕事のため、時給換算すると数百円程度しか稼げないものが多いです。

「デザイン」は、報酬はまずまずですが、スキルがある人が多いので、案件を獲得するのがかなり大変です。

一方、「プログラミング」は、スキルは必要ですが、報酬が良いだけでなく、人手不足の業界のため、仕事が獲得しやすいのが特長です。

 

以上のように比較すると、プログラミングで仕事ができたらベストですよね。

とはいえ、思いますよね?

「プログラミングとか難しそう…」「どうやって勉強したらいいか分からない」って。

その気持ち、僕も勉強した事があるので超分かります。

どれ位難しいかと言うと…

 

プログラミングの独学はけっこう難しい

僕は一応大学時代に「初級システムアドミニストレーター」という資格を取ってまして、日本ではIT系webメディアに勤務していたので、普通の人よりはITに詳しいと思うのですが、それでも独学でプログラミングを学ぶのは難しかったです。

セネ山
JAVA(ジャバ)を勉強し挫折しました…

当時は気軽に教われる環境も無かったので、僕はプログラミング習得をいったんは諦めて移住したわけですが、その結果、移住を開始してからは案の定、苦労しました。

「何かあった時に自分一人で稼げる力」が無いと、海外移住はけっこうキツいです)

僕がそれで痛い目を見たからこそ、あなたにはその二の舞になってほしくありません。

では、どうするべきか?

僕がオススメなのは…

 

【20代の海外移住】海外でも大きく稼げるスキル

実はいま、プログラミングを学べる学校「プログラミングスクール」が沢山あるって知ってました?

しかも、在宅でオンラインで学ぶ学校だけでなく、学校に通って面と向かって教われる学校もあります(無料体験できる学校も)。

独学で挫折した僕のおすすめは、やはり面と向かって学べる学校

僕が色々調べた中で評判が良かったのはTECH::CAMP。15,000人が参加しているプログラミングスクールで、未経験でも挫折しないための無料プログラミング体験会・説明会(10秒で申込できる)を開催しているのでおすすめです。

 

とはいえ、住んでいる場所的に通うのは難しいという方も少なくないですよね。

セネ山
僕も海外に住んでいるので通えない…

そんなあなた向けには、オンラインでもサポートが充実している学校が良いです。

マンツーマンでのメンタリング(学習方法の相談などができる)、毎日8時間までチャットで質問ができるTechAcademyは良さそう。

こちらも無料体験会があります

まずは気軽に自宅からネットで試してみると良いですね。

関連リンク

TECH::CAMP(対面で無料体験会あり)

TechAcademy(ネットで無料体験会あり)

 

【20代の海外移住】移住に必要なスキルを身に着けろ

「どこでも食っていけるスキル」が、日々の仕事の中で身に付けばそれが最高ですが、そんな人はきっと一握り。

本当に移住したいなら、そんな環境でちょっとしたお金を貯めるために会社で必死に働くよりも、オンラインだけで受注から納品まで完結できるスキルを身に着ける事の方が、圧倒的に重要です。海外移住を現実のものにしたいなら、優先順位をお間違えなく。

アフター5に勉強するかどうかが、あなたの海外移住の成否を分けます。

やりたい事があるなら、努力しましょう。なにより、新しい事を学ぶって楽しいですよ。

あなたが移住を実現できる事を祈ってます。

▼ 関連記事 ▼

  • この記事を書いた人

セネガル山田(セネ山)

西アフリカのセネガルで宿「シェ山田」を運営しつつ、1日6時間・週5日のサーフィン生活満喫中|セネガルサーフツアー「セネサーフ」好評受付中|セネガル観光ラップで晋平太コラボ&TV出演も|著書『アフリカ旅行ガイドブック セネガル』|詳しいプロフィールはコチラ

Copyright© アフサーフ , 2020 All Rights Reserved.