サーフィン

サーフィン中の落雷は死亡事故も…距離が遠くても油断禁物

サーフィン中の落雷は死亡事故もあるし距離が遠くても油断禁物です

週5日サーフィンしてるセネ山( @afsurf1 )です。

「サーフィン中の落雷ってどれ位危ないの?」

この記事では、そんな疑問にズバリお答えします。最後まで読むと「正しい知識で落雷による事故を防ぐ」事ができます。

先に結論を言うと、

落雷の注意点

  1. 雷雲の移動速度は時速40km
  2. 海上では人間に落ちやすい
  3. 直撃しなくても感電する
  4. 海面での電気の伝達距離は30mと言われているけど…

です。以下で詳しく解説していきます。

セネ山
YouTubeやってます↓

ぜひチャンネル登録よろしくです◎

波野リカ
ブログの登録もよろしくです♪

なお、以下の目次を見ると、この記事の概要が分かります。

サーフィン中の落雷には注意せよ

サーフィン中の落雷の危険性について解説。

 

雷雲の移動速度は時速40km

波野リカ
雷が鳴っているけど、遠いし平気でしょ

と思っているそこのアナタ!かなーり危険です。というのも、カミナリ雲は最大時速40kmで移動するからです。原付より早いんですよ。

仮に、雷が光ってから10秒後に音が聞こえたとしましょう。10秒後だとだいぶ遠いなーって感じますよね。その距離は340m×10秒=3.4km。その距離、雷雲はなんと約5分で移動します。

波野リカ
えっ、雷雲早すぎ…!?

そうなんです。めっちゃ早いんです。5分なんて、サーフィンしてたら一瞬ですよね。沖のポイントなら、岸にパドルしても到着するのに5分以上かかる事もザラにあります。なので、仮に雷の光の10秒後に音が聞こえたとしても、即海からあがらないと、落雷の被害に遭うリスクがあります。

 

海上では人間に落ちやすい

雷が高さのあるものに落ちやすい事は知られていますね。そして海の上には高さのあるものが無い。つまり、サーファーが一番高さがあるものになります。結果、サーファーに雷が直撃するリスクが大きい。落雷の死亡率は80%。直撃したら一巻の終わりです。

 

直撃しなくても感電する

そして、雷は直撃しなくても感電します。また、濡れている砂浜なども伝導します。直撃リスクは決して高くないですが、直撃でなくても、ケガをする事になるわけです。

 

海面での電気の伝達距離は30mと言われているけど…

雷の海面の伝導範囲は30mと言われています。しかし、カミナリのような自然現象は、まだ多くが解明されていません。30m以上普通に到達する事もあり得ますし、死傷者が出る可能性も否定できません。

 

落雷に注意して楽しくサーフィンを!

「雷が来たらまず避難」を肝に銘じて、楽しいサーフィンライフを!

TwitterInstagramでは、YouTubeで出す内容を先に少し出したり、このブログの記事をお知らせしているので、ぜひフォローしてください。という事で、僕は今日も海に行ってきます!

セネ山( @afsurf1 )でした🏄

▼ 関連記事 ▼

  • この記事を書いた人

セネガル山田(セネ山)

西アフリカのセネガルで宿「シェ山田」を運営しつつ、1日6時間・週5日のサーフィン生活満喫中|セネガルサーフツアー「セネサーフ」好評受付中|セネガル観光ラップで晋平太コラボ&TV出演も|著書『アフリカ旅行ガイドブック セネガル』|詳しいプロフィールはコチラ

Copyright© アフサーフ , 2020 All Rights Reserved.