サーフィン

サーフィン・スノーボード・スケボーの違い・共通点・難しさを比較

サーフィンとスノーボードとスケボーの違いを解説

「サーフィン・スノーボード・スケボーの違いは?」

「どっちが難しいの?」

この記事では、そんな疑問にお答えします。

(記事を書いているセネ山は、スノボもスケボーも少しやった事があり、現在は1日6時間週5日サーフィンしています)

波野リカ
ブログの登録よろしくです♪

セネ山
YouTubeはじめました!

貴重なアフリカのサーフィン情報をお届けしますので、チャンネル登録よろしくです◎

読むメリット

最後まで読むと、

  • サーフィンとスノーボード・スケボーの歴史・成り立ち
  • 比較表で分かる3つのスポーツの違い
  • それぞれの難しさ

を知る事ができます。

目次

【サーフィン・スノーボード・スケボーの違い・共通点・難しさ】歴史と関係性・成り立ち

サーフィン・スノーボード・スケボー。

「横乗り系スポーツ」「3S」とまとめて呼ばれる事も多い3つですが、実はスポーツの成り立ちにも意外な関係が。

という事で、まずは3つのスポーツの歴史と成り立ちを紹介します。

 

スノーボードとスケボーは「サーフィンから生まれた」

実は、スノーボードもスケボーも、サーフィンが元になってできたスポーツなんです。

これ、意外と知らない方も多いのでは?

スノーボードは、元々「スナーファー(Snurfer)」「スノーサーフィン」と呼ばれていて、サーフィンのようにボードにフィンがついているものもありました。

その後、海外のサーファーがブランドを立ち上げたり、日本でもサーファーの田沼進三さんが、「サーフィンのできない冬にもサーフィンがしたい(田沼さん曰く、当時は日本でウェットスーツが手に入らなかった)」という気持ちで、サーフボードと同じウレタンフォーム、グラスファイバー製のスノーサーフィンボードを作ったりと、さまざまな試行錯誤を経て、少しずつ現在のサーフボードの形になっていきました。

スケボーも、サーファーが考え出したスポーツです。カリフォルニアのサーファーが「波の無い日にもサーフィンの練習がしたい」と、水を抜いたゆるやかな傾斜のあるプールで滑り始めた事から流行がはじまりました。

元々はサーフィンの練習用であり、「サーフスケート」というサーフィン練習用のボードもありますが、今では「スケートボード」というジャンルが確立していますね。

 

サーフィンは「元祖ボード系スポーツ」

サーフィンの歴史は古く、西暦400年頃にはじまったと言われています。

詳細は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい

サーフィンの歴史を解説
サーフィンの歴史--3千年前のペルーから9世紀の中国・第二次世界大戦まで

日々サーフィンの歴史を調べているセネ山( @afsurf1 )です。 「サーフィンはいつから始まったの?」 「サーフィンの起源と歴史を知りたい」 この記事は、そんな疑問にお答えする永久保存版の内容です ...

続きを見る

 

【サーフィン・スノーボード・スケボーの違い・共通点・難しさ】比較表

サーフィン・スノーボード・スケボーの違い・共通点・難しさの比較表を作ってみました。

サーフィンスノボスケボー
乗る向き
フィールド△ 海上(動く)○ 雪上(少し動く)◎ 地上(動かない)
乗る(立つ)難易度要練習初回から初回から
ケガしにくさ○(一部△)
初期費用の安さ
継続費用の安さ
手軽さ
(反復)練習しやすさ
はじめやすさ

順に解説します。

 

【サーフィン・スノーボード・スケボーの違い・共通点・難しさ】共通点は「板に横向きに乗る事」くらいしかない

3Sの共通点は、

  • 板に乗る
  • 横に乗る

事くらい。

ルーツは同じですが、ほとんど同じ事が無いですね。

 

【サーフィン・スノーボード・スケボーの違い・共通点・難しさ】違いだらけの3S

サーフィン・スノーボード・スケボーの違いを項目別に解説します。

 

フィールド:陸上と海という圧倒的違い

  • サーフィン:海上
  • スノボ:雪上
  • スケボー:地上

と、フィールドはすべて違います。

特に、海と陸上(雪上、地上)というのは大きな違いです。

 

乗る(立つ)難易度:立つ事すら難しいのがサーフィン

スノボとスケボーは、初めての人でも、板の上に立てない(乗れない)人はほぼいません。

ですが、サーフィンは、立てるようになるハードルがとてつもなく高いです。

 

ケガしにくさ:水上はケガしにくい(ただしリーフと大波に注意)

陸上のスノボ・スケボーは、転ぶと大怪我に繋がりやすいですが、海上のサーフィンは比較的ケガしにくいです。

ただし、リーフブレイク(海底が岩や珊瑚)や大波、極端に浅い場合は、一気に危険度が上がるので注意が必要です。

 

初期費用の安さ:最安はスケボー

スケボーは、スケートボードさええれば始められる気軽さが魅力的ですね。

スノボは、どこでもレンタルがあるので便利です。

一方でサーフィンは、多くのショップがスクールに参加する前提でのレンタルを行っていますが、レンタルだけできるショップはそれほど多くはありません。

 

継続費用の安さ:スノボ・サーフィンはそれなりにかかる

スノボもサーフィンも、必要な道具が沢山。

また、交通手段としての車や、交通費(ガソリン代)までを考えると、相当な出費です。

 

手軽さ:一般レジャーとして発展したスノボ、板1枚で始められるスケボー

スキー場という、スキーのための場所が人工的に用意されているスノボ。レンタルもその場で可能。

場所を選ばず、板と道路があれば始められるスケボー。

それに対して、日本でのサーフィン環境は、まだまだ手軽とは言えません。

 

(反復)練習しやすさ:同じ波は二度と無い。毎回が本番で、初心者は練習すらできない

僕は、サーフィンは世界一難しいスポーツだと思っています。

その大きな理由の一つが「初心者は練習すらできない」という事。

どういう事かというと…

 

たとえばサッカーの場合、パス、ヘディング、スローイン、ドリブル、シュートなど、個別に練習をする事が可能です。

通常サッカーの試合では、シュートは、パスやドリブル等でゴールの近くまでボールを運んでからするものですが、その先に行うシュートも練習できるわけです。

 

一方でサーフィンの場合、ライディング(板に乗り波に乗る)をしないと始まらないわけですが、ライディングをするためには、その前段階のすべての動作(ゲティングアウト、ドルフィンスルー、波待ち、パドリング、テイクオフ、etc...)を正しく行う必要があります。

さらに、仮にすべてが上手くできるとしても、自分より上手い人がいる場合、その人が波に乗ってしまいます。

こんなスポーツ、他にあるでしょうか?少なくとも僕は知りません。

セネ山
上手くなるには練習が必要だけど、練習するには上手くないといけないという無理ゲー…

 

はじめやすさ:レジャーとして一番身近なのはスノボ

「スノボをやる」という人でなくても、スノボに行った事がある人はたくさんいます。

これが、娯楽として普及したスノボのすごさです。

一方で、スケボーはどこかでレンタルして始める事は稀。

サーフィンは、ビギナー向けのレッスンを受講する事は簡単ですが、その後に自分ではじめる段階のハードルが少し高いです。

このようにまとめてみると、色んな面でサーフィンの難しさを感じますね…

 

【サーフィン・スノーボード・スケボーの違い・共通点・難しさ】サーフィンをスノボで例えると…

サーフィンをやった事ない人にサーフィンの難しさを説明する時に、僕がよくするたとえ話がコレ。

サーフィンをスノボで例えると…

・リフトは無く、自力で山頂へ行かなくてはならない(ゲティングアウト)

・登山中に雪崩(なだれ=波)が発生し行く手を阻む

・山(波)が動く

・山の形が変わる

・山の大きさが変わる

・山の取り合いになる

・動く山の上を滑る

・山を滑るために手で漕ぐ必要

・山で転ぶと雪に飲み込まれて息が苦しい

・車で1時間かけてきたのに山(波)が無い事がある

などなど…

セネ山
サーフィンは超クソゲーのスノボ

 

【サーフィン・スノーボード・スケボーの違い・共通点・難しさ】どれも楽しいが、サーフィンだけは違う理由

サーフィンだけは、もはやスポーツという枠を超えて文化やライフスタイルの域にある。

この事については、別途記事で記そうと思います。

波野リカ
画面上の”無料で更新情報をお届け”で「はーい◎」を選択するか、Twitterをフォローして待っててね♪

▼ 関連記事 ▼

  • この記事を書いた人

セネガル山田(セネ山)

西アフリカのセネガルで宿「シェ山田」を運営しつつ、1日6時間・週5日のサーフィン生活満喫中|セネガルサーフツアー「セネサーフ」好評受付中|セネガル観光ラップで晋平太コラボ&TV出演も|著書『アフリカ旅行ガイドブック セネガル』|詳しいプロフィールはコチラ

Copyright© アフサーフ , 2020 All Rights Reserved.